ウォーターカラーマーカーの練習

W&Nのウォーターカラーマーカーを手に入れて、久しぶりにアナログ画材熱に火がついたので、しばらく遊んでみようと思っています。

ひとまず、いろいろな塗り方を試してみました。
使う色は『セルリアンブルーヒュー』
水筆は『ステッドラー』の『中筆』です
紙は『W&Nコットマン細目』のポストカードサイズです。

紙に直接ペンで色を塗りました。


先ほど色を塗った所のほぼ半分くらいを水で伸ばしてみました。
色がパッキリ分かれちゃってますね。
これはこれで使い道がありそうですが、柔らかくふんわりと色を塗りたい場合にはちょっと難しいかもですね。
これ以上やると紙の表面がボロボロになってしまいそうだったので、ここまでにしておきました。


次に水で髪を濡らして、そこにペンでインクを置いてみました。
滲みはこんな感じです。濃いめににじませたい時はこれがいいかもしれませんね。


次にパレットなどにペンで色を置いてから、それを水筆で色をとって伸ばしたものです。
こちらの方が色が淡いですが、扱いが楽です。透明水彩のように扱えます。



次に先ほどのように先に紙に水をおいてから、パレットなどに置いた色をとって、その濡らした部分に色を置いてみました。


ペンで直接色を置いた時よりも淡いにじみになります。水でといた色を置いているので、ペンの時より色が広がりますね。


ペンから直接水筆で色をとって色を塗ってみました。
下が濃いめにとったもの、上はささーっと撫でた程度。
濃いめにとるとパッキリした線を描くことができそうです。細かい部分にはこうした方がいいかも。


グラデーションを描いてみました。
パレットに置いた色をとって薄いグラデーションを作った後、直接ペンで色を置いたりしてどんどん濃くしていきました。
乾く前に撮ってしまったのですが、紙はたいらです。


一色だけで塗ってみました。青が濃く出ているところ以外は、パレットにペンでインクをとって塗ってみました。
コットマンは、どうやら色伸びが少し控えめなようなので、直接紙にペンで塗った濃い色をグラデーションにするのがやはりうまくいきません。
先に水で濡らしてからペンで塗る方がまだうまくいきます。

ただ、これは紙によっても左右されそうな気がするので、別の紙だとどうなるのか、試してみようと思います。

今回の絵は、前述した塗り方を全部織り交ぜてやってみました。
ただ、濃い色がパキッと出るのを恐れて、薄くぼんやりとした仕上がりになってしまいましたね。
パレットに色を出してから使う塗り方ばかりだと、そうなってしまう気がします。水彩になるとはいえマーカーなので、やはりマーカーそのままの色も使えないと色のバリエーションが少なくなってしまう気がします。水の量の加減にも限界がありますしね。


次回は別の紙を用いて試してみようと思います。